ロゴ

カードローンが活用できるシーン~カードローンを利用する理由~

カードローンで急な出費に備える

急な出費で現金が用意できないといったときに、主婦でも使えて便利なのがカードローンです。会社によっては、審査時間が短く、即日融資してくれるところもあります。大阪にはそういったカードローンを取り扱う会社が多数あります。

カードローンが役立つシーンTOP5

スーツの人
no.1

納税などのまとまった額が足りないとき

自営業などの場合起こりやすいのですが、うっかり住民税や、年金などの社会保険料の支払いを忘れていたり、思っていたよりも金額が高くて払えないといったときにカードローンでひとまず払うといったことができます。

no.2

給料日までの数日を乗り切る

給料日まであと数日なんだけど、急にイレギュラーな出費が出た場合等、カードローンで対応することができます。ちょっとした赤字部分を補填し、次の給料日に返済をという利用法もあります。

no.3

事業の運営資金にも

事業で急に必要な資金ができた場合に、銀行の融資を頼むとどうしても時間がかかってしまい、間に合わないといった場合、カードローンの方が素早く対応できる事があります。

no.4

転職までの空白期間の生活費に

転職を考え退職をした場合の再就職までの空白期間は、失業保険が給付されるまで、数か月のタイムラグが発生してしまいます。その期間の生活費分の蓄えがない場合、カードローンを利用することで乗り切ることもできます。

no.5

大きな家電購入時

家電を購入する際、カードローンを使うという選択肢もあります。カードローン会社によっては、無利息期間を設定しているところもあるので、その期間内で返済できるのならカードローンを利用するのも手です。

シミュレーションで計画的に返済できる

借入をする際、まずはシミュレーションをしてみることが重要です。特に、フラット35など長期での返済を考えている場合は、シミュレーションをしっかりして、ライフステージに合わせて、無理のない返済計画か確認しておくことが大事です。

カードローンとキャッシングの違いとは?

キャッシングは小口が基本

キャッシングは少額の金額で、返済も基本的に一括で返すもののことを指します。クレジットカードにキャッシング機能がついているものが増えているので、そちらを利用する方も多いです。

カードローンは基本的にリボルビング払い

カードローンは、キャッシングと違い、場合によっては数百万円の大口にも対応することができます。そのため、リボルビング払いでの返済が一般的となっています。金利もキャッシングより低いので、リボルビングで対応するならカードローンの方がお得です。

手元にお金がなくてもカードローンがあれば問題なし!

女の人

カードローンの選び方

まずは、返済額を抑えるためにも金利が安い会社を探すことが一番です。他のポイントとしては、審査が通るかというのも大きな問題です。いくら金利が安くても借りれなければ意味がありません。また、審査時間も会社によって数時間~数日と大きな開きがあるので、急ぎの場合はその点も考慮に入れるべきです。

婦人

金利が返済額を大きく左右する

借り入れる際に一番重要な点が金利です。特に借入額が大きい場合は、0.1%の違いでかなり変わってきます。また、短期間で返済できる目途がある場合は、無利息期間が設定されている会社を選び、利息が発生する前に完済するという手もあります。

通貨

オンライン振り込みにも対応

カードローンは返済する手間が面倒くさいという場合にはオンラインでの振り込みにも対応している会社を選ぶと便利です。他にも、コンビニATMなどからでも簡単に返済できるというところもあるので、そういったところも会社選びのポイントとして確認しておくのも大事です。

男の人

数百万単位でも借入可能

カードローンは、キャッシングと違い、数十万円から数百万円と大口の借り入れにも対応しているのも特徴です。借入額が多く設定できるので、利用できるシチュエーションが増えてきます。その為、銀行の融資を受ける時間がないという場合の事業用資金にも利用できます。

広告募集中